俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

ブログの毎日更新なんてしてるから、つまんないブログになるんでしょ

f:id:summer39191628:20170906111208j:plain

このブログのことである。

 

毎日更新信者

どうも、毎日更新しないと不安になるブロガーのひろたつです。若干病気かもしれません。

 

毎日更新を自らに課しているブロガーは多い。

イケダハヤト氏の影響が大きいと思われる。「とりあえず数さえ打っておけば、いつかヒットする」的な発想で狂ったように記事を更新するブロガー。確かにヒットするかもしれないけど、大概ファールであることを知っているだろうか。自分の打球がどこに飛んでいるか把握しているんだろうか。

普通に考えてみてほしいのだが、毎日更新するほどのネタが一般人にあるわけがない。役立つ情報を毎日発信することなどできるわけがない。

もしそれが可能なのであれば、それは相当稀有な才能だ。その時点でブロガーとして成功することは約束されたようなものだ。

 

スポンサーリンク
 

 

自分の才能の無さに気付きなさい

しかし多くのブロガーはただの人である。毎日更新するためのネタもなければ、才能もない。だけど毎日更新はしたい。

その結果どうなるか。

普通の人が普通に考えたことを毎日垂れ流す、という掃き溜めみたいなブログが完成する。そうこのブログのことだ。

私のように「数さえ打てばなんとかなるでしょ」という脳みそツルツルのブロガーは、今一度考え直すべきである。

ただでさえ我々は普通の人なのだ。特別な才能がないからこそ普通の枠に収まってしまっているのだ。既製品である。

既製品の分際で毎日更新しようとした所でゴミ記事が増えるだけである。誰の役にも立たず、誰の感情も揺らさず、ただただネット空間に存在するだけの記事。そんなものを量産して満足だろうか。もしかしたら満足できるのかもしれない。人は理由や目的を作り出すのが得意だ。言い訳も大好きだ。

もしそれで満足できるのであれば、そこら辺の地面を掘って埋めてと繰り返すだけでも満足できるだろう。ぜひとも素晴らしい理由をそこに見つけてほしい。あとで私も参加させてもらうから。そのときはどうぞよろしく。

 

自分をごまかすのはもう止めよう

f:id:summer39191628:20170906234050j:plain

 

毎日更新は本当にそんなに重要なことなのだろうか。

だって毎日更新なんて記事の質を考えなければ余裕である。何十記事だって書ける。

でもみんなはそんなことはしない。でも似たようなことはしている。

ある程度自分を納得させられるレベルのゴミ記事を書き、「世の中にはゴミ記事を書いているブロガーが多いけど、この記事はそれよりはまだマシでしょ」というふうに、自分に言い聞かせながら投稿ボタンを押す。

自分でも実は分かっているのだ。これはゴミ記事だ、と。でもそれを認めて投稿するほどみんなは悪人になりきれない。罪悪感が押し寄せてくる。でも質を上げることを考えると、毎日更新がクリアーできない。

だから自分の中でちょうどいいレベルのゴミ記事を仕上げるようになる。毎日毎日懲りもせずにだ。

 

勘違いしちゃいけないのは、「毎日書かなければならないから書く」ではなく、「毎日書くべきことがあるから書く」ということである。みんなここを履き違えているからゴミを量産するのだ。

 

ていうか、そもそもブログも辞めてくれ 

f:id:summer39191628:20170906234407j:plain

 

毎日更新という努力をしていると、それだけで何かを成し遂げたかのような気分になってしまうのも分かる。そんな自分に酔ってしまうのも分かる。

でもこの世の中ブログは溢れかえるほどある。

その中で少しでも抜きん出た存在になりたいのであれば、くだらない記事を書いている場合ではないのだ。少しでも他人よりも質の良い記事を書く努力をしなければならない。毎日更新などという形式ばかりを追いかけても意味はない。

 

さあ、どれだけ自分が無益なことをしていたか思い知っていただけただろうか。

結局のところ私が言いたいのは、「ブログを書くのは大変すぎるから、さっさと辞めて私の競争相手から身を引いてくれ」ということである。

そもそもこんなに競争相手がいるからいけないのだ。みんなブロガー辞めてくれ。

 

そうすればもう少し私の負担も減ることだろう。 

 

以上。

 

 


スポンサーリンク