俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

副業をやらない意味が分からない

f:id:summer39191628:20170830144612j:plain

未来の自分はどうなっていることやら…。

 

待ち受ける恐ろしい未来 

どうも、副業ブロガーのひろたつです。本業も副業も大して稼いでいません。

さて、先日恐ろしい本を読んだ。この本を読んでから危機感が半端ではない。

 

びっくりするぐらい絶望的な本なので、ぜひ皆さんにもオススメしたいのだがかなりのダメージを受けるので覚悟してもらいたい。 

 

スポンサーリンク
 

 

このままだとまずい

この本の主旨はと言えば「少子化によって日本がどうなっていくか」ということである。少子高齢化が進み、人口自体が少なくなることによって起こる問題弊害なんでもござれ、これぞ絶望の書である。 

で、これを読んだ私の率直な感想としては、「このままだとまずい」である。

この感想の主語は「日本」というよりは「自分」である。

このままの自分だと絶対にやばい。なぜなら私が老人になる頃には、若者1.1人に対して老人1人の面倒を見なければならない社会になっているのだ。何の特殊能力もない私が見捨てられる老人になっている姿が見える。これは恐ろしい。

 

縮小していく社会で自分はどうなる?

そういった「これから日本は縮小していく」という視点を持って世間を見ると、色んなことに気がつく。

例えば私自身。

本業ではそれなりの役職を貰い、安定した給料を頂いているが、いまの職場がまともに存続できるのはあと何年ぐらいだろうか。必ずしも社会にとって必要不可欠な会社ではない。本当に人口が減ってきて、労働する人の割合が減ってしまったとき、その人材はインフラ事業やライフラインに関わる仕事に流れていくはずだ。

そんな状況になったときに私にできることは何だろうか。会社がもし潰れたときに私はどうやって生き残るのか。そんな疑問を自分自身に突きつけることになった。

 

みんなもどうすんの?

それに気がつくと、今度は周りの同僚たちにも疑問を感じるようになる。「みんなそのままで大丈夫か?」と。

手前味噌で恐縮だが、私の場合これでも一応ブログという形で副業をしている。収益的にもビジネス的にもクソみたいなもんだが、それでも継続している最中だ。

だけど周りのみんなは、のほほんと変わらない毎日を過ごしている。会社に来て、仕事をして、文句を言ったりして、帰る。その繰り返しだ。

今が安定していると、その状況が失われることはあまり想像できない。それなりに満たされてしまえば人は努力することを止めてしまう。

だが『未来の年表』を読む限り、危機的状況は見えないながらも確実に私たちに迫ってきている。気が付いたときにはもう手遅れかもしれない。捨てられる側の人間になっているかもしれないのだ。

 

未来のために行動できるのが人間 

あまり脅かしても仕方がない。しかし人間には未来を予測して、それに対処するという能力が備わっている。可能性がありしかもそうなった場合に後悔するぐらいならば、今のうちに足掻けるだけ足掻くべきだと私は思う。

今の会社で身につけられるスキルは他でも通用するのか。自力で稼ぐ力があるか。稼ぐ方法を知っているか。

そんな疑問を自分に投げかけたとき、多くの人は「NO」と言うんじゃないだろうか。

だとしたら少しでも早く行動することをオススメする。生き残るためのスキルを身につけるべきだ。

 

だからこそ副業を

そのためにも私は副業をやるべきだと考えている。でも別の会社の雇われでは意味がない。自分で何かサービスを行ない、自分のビジネスで稼ぐのだ。

 

いまどき自分のお店を開くのだって無料でできるのだ。ダメ元で一度やってみればいい。

初期費用・月額利用料0円からはじめるネットショップ。専門知識不要  

 

自分でお金を稼ぐという経験は、安定した収入を得られてしまうサラリーマンにとっては非常に重要なものになる。企業にどれだけ守られていたかを実感することだろう。自分に足りないものを突きつけられることだろう。ちなみに私であれば営業力だった。いまだによく分からないで藻掻いている。

 

今はブログとかアフィリエイトが副業の主流だけど、『未来の年表』を読む限り、それも長くは続かなそうである。だって、そもそもの人口が減ってしまうのだから。商品を欲しがる人が減れば、売り手だって必要なくなる。

 

あとは投資だろうか。日本の人口は減っても、世界の人口はこれからも増え続ける。ということは株を買う人が増える、ということだ。

平均株価は上がり続けるというのが、もっぱらの定説である。

 

※参考書籍

※参考記事

www.24jmn.com

 

 

「なんとかなるでしょ」と楽観視することも自由だし、危機感を持って動き出すことも自由だ。どちらでも好きな方を選べばいい。

 

もちろん、後悔するのだってあなたの自由である。

 

以上。

 

 

そういえば、FXはどうなのかなぁ。日本が縮小していって、社会保障費とかが限界になってきたら日本円の価値が下がるのかもしれない。

だとすれば今の内に外貨を買っておくといいのかな…?

まあ痛い目をみない程度に手を出すところから始めてみてもいいかも。キャッシュバックキャンペーンもやってるし。

 

 


スポンサーリンク