俺だってヒーローになりてえよ

何が足りないかって、あれだよあれ。何が足りないか分かる能力。

小説

大人の疲れた心を癒やすサプリ小説9選

読書で心を癒やしましょう。

貴志祐介だって失敗するんだよ。『ダークゾーン』

色々と残念でした。

帯よ、余計な仕事をするでない。『イノセント・デイズ』

『SOSの猿』は伊坂幸太郎ファンの踏み絵である

『孤狼の血』の面白さは映画と原作でまったく別物になるはず

これからはこの手法が流行るかもしれない。

【随時更新】森博嗣のオススメ作品を教える【読むのが追いつかない】

読者が本を読むより早く刊行する稀有な作家。

これぞ“面白い小説”。伊坂幸太郎『アイネクライネナハトムジーク』

「湊かなえはどうしようもない」と心の底から叫ぶ。『リバース』

どうしようもなさすぎて大好きである。

打率日本一の作家 伊坂幸太郎のオススメ作品を教える【随時更新】

よゐこの有野ではない。

そこは地上で唯一の場所。夢枕獏『エヴェレスト 神々の山嶺』

初の夢枕獏作品は、最高の読書体験をさせてくれた。

トリッキーな設定でもしっかり伊坂作品。『オー!ファーザー』

こんなにトリッキーな設定なのに、しっかり伊坂作品として仕上げてしまうのは、作家として器用なんだか、不器用なんだか。

色んな伊坂幸太郎を味わえる。『首折り男のための協奏曲』

伊坂幸太郎がこんなに多彩な作品集が書けるなんて知らんかった。

【随時更新】小説中毒が厳選した最高に面白い小説92選(実質109選)

物語におけるリアリティの重要性。伊坂幸太郎『マリアビートル』

伊坂幸太郎は読者を意識しなくなってからの好き放題っぷりが素晴らしい。

“PrimeReading”は真の本好きにもオススメできる神サービス

乗るしかない。このビッグウェーブに。

推理小説としては一種の反則技。森博嗣『女王の百年密室』

こう来たか。

舞台裏を明かしすぎ。貴志祐介『エンタテインメントの作り方』

どっからどう見ても角野卓造です。

高畑京一郎の『タイム・リープ』が完成されすぎてて死ねる

貴志祐介のまずは読んで欲しいオススメの5冊+1!

角野卓造ではない。

こりゃ売れるわ。池井戸潤『ルーズヴェルト・ゲーム』

『教団X』がAmazonで低評価になっているのが嬉しくて堪らない

別に批判しているわけではない。

作者が魂を込めるってのはこういうこと。中村文則『教団X』

汗臭くて、でも何度でも読みたくなる。『クライマーズ・ハイ』横山秀夫

横山秀夫はミステリーじゃなくても最高に面白い。

全ての謎は人の心から生まれる。横山秀夫『陰の季節』

ここから快進撃が始まった。

おいおい、こんなに面白いのか。『ヴォイド・シェイパシリーズ』森博嗣

『バガボンド』が到達できなかった高みがこの物語にはある。

『死神の精度』は侮れない

はい、侮っていたのは私です。

至高の設定チラリズム。上遠野浩平『ぼくらは虚空に夜を視る』

前の装丁の方が好きだったんだけど、時代に合わせるとこんな感じなのか。

普通の人を描いても作家が上手ければ面白くなるという証明『家日和』奥田英朗

こんなに普通の人を描いた小説も珍しい。

スパイ×スタイリッシュ×萌え=最高。柳広司『ジョーカー・ゲーム』

最高です。

“連載中はあんなに面白いのに、結末はクソ”問題について。

作品の価値は結末にしかないのか?